鳥栖・三養基地区消防事務組合
文字サイズ
文字を小さくする 文字を標準サイズにする 文字を大きくする
  • ホーム
  • 消防本部の紹介
  • 火災予防
  • 申請・届出
  • 講習・試験
  • 年報・統計
ホーム>火災予防

火災予防

住宅用火災警報器を設置しましたか?

平成23年6月1日からすべての住宅に設置が義務づけられました。

※寝室と階段室は全国一律で火災警報器の設置が義務づけられています。台所は任意設置です。

 

近年の住宅火災による死者の発生状況を経過別に見ると、逃げ遅れが最も多く全体の約6割を占めています。このため必要最小限で効果の高いと考えられる場所として、寝室に設置することとされました。

 

また2回に寝室がある場合は階段室にも設置することとされています。これは、階段室が火災による煙の集まりやすい場所であるとともに、2階で就寝している方にとっては、ほとんどの場合唯一の避難経路となるからです。

 

住宅用火災警報器設置場所イラスト

 


住宅用火災警報器はどれくらいの効果があるの?

事例1

家主がガスコンロに鍋をかけたまま外出したため、鍋の中が焦げ、煙が発生し住宅用火災警報器が発報した。上階の住民が警報音に気付き、開いていたベランダから部屋の中へ入り、ガスの元栓を閉め大事には至らなかった。

(平成22年5月 鳥栖市内で発生)

事例2

住人が台所で後片付け中、警報音に気付き見に行ったところ、玄関下駄箱に置いていた紙細工が燃え、炎は下駄箱壁、天井に達していた。屋外で火災に気づいた近所の住人が消火器を持って駆けつけて初期消火。消防隊到着まで水道ホースで水をかけ続け大事には至らなかった。

(平成23年8月 鳥栖市内で発生)

 

 

 

鳥栖・三養基地区消防事務組合 TOSU・MIYAKI AREA FIRE DEPT.
〒841-0037  佐賀県鳥栖市本町3丁目1488番地1   アクセスマップ
 電話:0942-85-0119(代表)    ファックス:0942-84-2397
e-mail:soumuka@fd-tosumiyaki.jp